【BtoB】YouTubeはどう運用すべき?参考になる4事例を紹介 | 株式会社ベートーベン

【BtoB】YouTubeはどう運用すべき?参考になる4事例を紹介

BtoB企業がYouTubeを始めようとしても、運用に困ってしまいますよね。

「どのようなコンセプトがよいのか?」

「成果につながる動画はどう作ればいいのか?」

「顧客接点を増やし、濃いファンを増やすには?」

YouTubeは多くのユーザーが閲覧するプラットフォームで、購買担当者も見ている可能性が高いです。

どうしたらよいか迷っている間に、YouTubeを活用しているライバルに顧客を取られてしまうかもしれません…。

そこで今回はBtoB企業がYouTube運用の参考にしたい4つの事例を紹介します。

事例1.freee株式会社

freee株式会社はクラウド会計ソフト「freee(フリー)」を開発・販売する企業です。

YouTubeでは会計ソフトの使い方や会計についての疑問を解説しています。

個人事業主向けと法人向けに分けてコンテンツを用意。

法人向けでは、法人決算を半日で行う方法や銀行口座・クレジットカードのデータ連携(法人版)などが確認できます。

動画に沿って進めていけば、初めて「freee(フリー)」を使う経営者でもつまずくことはないでしょう。

わかりやすい動画で課題が解決できるとして人気があり、チャンネル登録者数は1.48万人です。

事例2.株式会社SmartHR

株式会社SmartHRはクラウド人事労務ソフトを開発・販売する企業です。

テレビCM放送とともに同社ホームページおよびYouTubeにて公開しました。

「無駄からの解放」篇(30秒)』では、CMキャラクターにとんねるずの木梨憲武氏と俳優の伊藤淳史氏を起用。

「仕事の無駄よ、さようなら」をテーマに、無駄からの開放感を演出しています。

会社の理念を語ることでYouTubeユーザーの共感を呼び、再生回数は74万回を突破しました。

事例3.サイボウズ株式会社

サイボウズ株式会社はソフトウェア開発会社です。

YouTubeではグループウェア「サイボウズ Office」シリーズの機能を3分〜5分程度で紹介。

サイボウズ Office 10 機能紹介 <スケジュール・施設予約編>』では2.4万回再生されています。

BtoB商材の中には製品やサービスの使い方を簡単に説明できないものも多いですよね。

動画でコンパクトに解説することで、決裁者や現場にも見てもらえるため導入検討の後押しになります。

事例4.株式会社ギケン

株式会社ギケンはバリの出ないドリル「ゼロバリ」を開発した企業です。

プロモーションビデオや取り扱い注意事項に加えて、他社商品との比較動画などを投稿。

特に再生されているのは『「ゼロバリ」のバリが出ない秘密!性能解説!』です。

その技術の高さと熱く語る社長の姿が評価され、1.8万回視聴されました。

まとめ:YouTube運用の参考になるBtoB企業

今回はBtoB企業がYouTube運用の参考にしたい4つの事例を紹介しました。

  • 事例1.freee株式会社
  • 事例2.株式会社SmartHR
  • 事例3.サイボウズ株式会社
  • 事例4.株式会社ギケン

 

Column LIST  →