【BtoB向け】YouTubeライブ実施する前に!3つの留意点 | 株式会社ベートーベン

【BtoB向け】YouTubeライブ実施する前に!3つの留意点

YouTubeライブ配信の醍醐味は、視聴者とリアルタイムで行うコミュニケーション。

セミナーや交流会・商品説明会が活発になり、顧客や見込み客とより濃い関係性を築くことができます。

しかし、YouTubeライブ配信は読んで字のごとく生放送、やり直しや編集はできません。

ポリシーに反したり失敗してしまったりすると、最悪の場合アカウントの停止もあり得ます…。

そこで今回はBtoB企業がYouTubeライブを実施する際、留意すべき点を紹介します。

留意点1.著作権侵害をしない

YouTubeライブをアーカイブとして残す場合、権利問題が発生する可能性があります。

  • BGM
  • 画像
  • イラスト

などの無断利用は避けましょう。

(※詳細はYouTubeコミュニティガイドラインにてご確認ください。)

例えば、BGMはフリー音源や商用利用OKの音源を用意しましょう。

YouTubeライブは撮影・編集・チェックという工程を踏まなくていい分気楽ですが、うっかり著作権侵害をしてしまうとトラブルになります。

特にBtoBでは法律違反の影響は大きく、信頼を失い、顧客も失うことになりかねません。

YouTubeライブを実施する前に、著作権が関わるような音楽・映像・画像を排除しておきましょう。

留意点2.配信の途切れ・遅延

YouTubeライブでは編集した動画ではなく、リアルタイムで配信を行います。

そのため、配信の途切れ・遅延は一大事。

視聴者に「重い」「止まる」「くるくるする」と感じさせた場合、途中離脱がぐんと増えてしまいます。

原因は配信側の回線の問題または受信側の環境(デバイス・ネットワーク)が考えられます。

残念ながら、遅延を完全になくすことはできません。

しかし、途切れ・遅延を小さくすることは可能です。

ライブ配信ダッシュボードで「ライブ配信の設定」→「超低遅延」を選択する方法があります。

コメントや質問の反映が早いため、視聴者と頻繁にやり取りするなら「超低遅延」を選びましょう。

留意点3.円滑な進行

YouTubeライブでセミナーや交流会を行う場合は、外部の進行役を呼びましょう。

社内の人間だけで回そうとすると、「参加者が発言しない」「脱線し、当初の目的を見失う」といった問題が発生することも…。

そのため、司会・ファシリテーター・モデレーターとよばれる進行役が必須なのです。

「意見を引き出すのがうまい」「時間内に目的に沿ったまとめができる」人は、YouTubeライブを成功に導きます。

スムーズなYouTubeライブを目指すなら、外部からプロの進行役を招いてみてはいかがでしょうか。

まとめ:YouTubeライブはリアルタイムだからこそ入念な準備を

BtoB企業がYouTubeライブを実施する際、留意すべき点を紹介しました。

  • 留意点1.著作権侵害をしない
  • 留意点2.配信の途切れ・遅延
  • 留意点3.円滑な進行

リアルタイムで配信されてしまうため、あとから編集・修正ができません。

本番中にトラブルが起きないよう、上記の点に留意をして、準備を始めましょう。

Column LIST  →