今やるべきMEO対策 | 株式会社ベートーベン

今やるべきMEO対策

MEO対策とは?

 

MEO対策とは、Map Engine Optimizationの略。一言で言うと、Googleマップでの検索順位を上位に表示させる対策のこと。

MEO対策を実施すれば、例えば、「四ツ谷 焼き肉」と検索したユーザーに対して、対象エリアの施設情報が検索結果のトップに一覧で表示されます。

最近Googleで検索すると、このように地図が先に出てきませんか?

そこに何店舗かのお店が表示されています。

ここの上位に表示されるように対策するのが、MEO対策なのです。

 

MEO対策に向いている企業

 

対策をすべき企業は、上記をご覧いただければわかるように、人々がよく検索をする対象になっているもの、主にBtoCの企業様が相性が良いでしょう。

ただし、BtoBでも有効です。

年々、世の中のwebサイトコンテンツが増えていることにより、これまでやっていたSEO対策などの効果がなかなか出なかったり、広告の費用も上がってきています。

低コストでできるMEO対策は、今のうちにやっておくべきお勧めの施策です。

<MEO対策が向いている企業様>

  • BtoC
  • 都道府県や地域名と一緒に業種名が検索される
  • 地元密着型
  • 実店舗の場所が分かりづらく、よく質問される
  • SEO対策がうまくいっていない
  • リスティング広告に費用をかけられない

 

MEO対策が必要な理由

 

1.スマホメインになってきている

今はすでに全世代でスマホ>PCの時代になっています。

あくまで個人の機器利用率ではありますが、スマホでささっと検索する時には、

より上位に表示されているのが、圧倒的に有利です。

 

2.Googleも宣伝に力を入れている

近年、googleマップの利用が増えてきていることから、Googleでも宣伝に力を入れています。検索結果の最初に、サイトではなくMapが出ることからも、Googleが検索機能のひとつとしてGoogle Mapを位置付けているのがわかります。

 

3.SEOの上位検索の難易度が上がってきている
前述のように、SEO対策の難易度が年々上がってきています。SEO対策自体も安いものではないので、MEO対策と併せて順位を上げていく、という方法が効率的です。

 

MEO対策の方法

 

初期設定はとてもシンプルです。ご自身でも出来ますので、是非お試しください。

<初期設定>

  1. Googleマイビジネスへ企業情報を登録する
  2. Googleマイビジネスのクチコミ数を増加させる

 

1.Googleマイビジネスへ企業情報を登録する

下記のサイトから地図情報の登録を行います。

gmailアカウントが必要となりますので、あらかじめgmailを取得してから画面の手順にしたがってご設定ください。

https://www.google.com/intl/ja_jp/business/

 

2.Googleマイビジネスのクチコミ数を増加させる

登録が終わったら、クチコミ集めです。

ユーザーは、googleマップからクチコミと評価をすることができ、このクチコミと評価が高い店舗や企業が上位に表示されることになります。

お客様やお知り合いにクチコミをお願いするのが良いでしょう。

 

<運用>

運用はもう少し複雑といいますか、企画や地道な作業が必要です。

3.SNSや他のメディアでの紹介を増やす
様々な媒体で、企業名を露出させることで、Googleマップの上位表示に影響が出ます。

4.Googleマイビジネスに積極的に投稿

Googleマイビジネスには、投稿機能というものがあり、4つの種類が設定されています。
こまめに投稿することで、その情報が取り上げられることもあるので、地道にやっていきましょう。

「最新情報」

汎用的なとうこうで、一番旬な情報を投稿します。

掲載期間は1週間です。

 

「イベント」

イベント開催時に使える投稿機能です。セールなどの告知にも使えます。

 

「クーポン」

クーポン機能をGoogleマイビジネスで使うことができます。

 

「商品」

特定の商品をアピールする時に活用します。

 

いかがでしたでしょうか?

ネット集客の手法で、比較的ハードルが低く取り組める「MEO対策」。

是非お取り組みください。

 


初期設定から全て任せたい!という企業様へ

弊社でもMEO対策のサービスをご提供しています。

業界最安値かもしれません。

他社に比べ低コストの理由は、ネット集客対策では他にもやらなければいけないことが多くあるからです。様々な施策のひとつとして、気軽に始められる価格で取り組んで頂ければ幸いです。

 

Column LIST  →