6秒動画 が求められている理由とは | 株式会社ベートーベン

6秒動画 が求められている理由とは

なぜ今6秒動画なのか

近年、動画市場が年々拡大し、急成長を遂げています。その中でも今、最も注目され、求められているのが「6秒動画」です。いわゆるYoutubeの「バンパー広告」と呼ばれる動画広告こそ、6秒動画です。動画が始まる前、というか広告をスキップする前に必ず広告が見られる部分のことです。

なぜ6秒なのか。これは人間の集中力の継続時間が8秒以下である、というアメリカのマイクロソフトの10年前に出された研究結果から設定されています。もしかしたら今は、人間の集中力はより短い時間になっているかもしれません。

このことから、6秒動画広告とは、視聴者に最後まで集中して見てもらえるという可能性が高い、有効な広告のフォーマットである、ということになります。

Youtubeやそのほかのインターネットメディアのスキップできない広告は、スキップできないから見ていると思っていましたが、それを懲りずに支えていたのは私の限りなく短い集中力だったと気付かされ、嬉しいやら恥ずかしいやら。

企業の6秒動画事例

それでは私が僭越ながら選んだ、企業の傑作6秒動画を少しご紹介します。

まずはこちら。

YouTube player

いきなり映画の広告ですが、私の好きな6秒動画です。最初から最後まで見た上で、もっと見たいと思わせてくれた、記憶に残っている6秒間です。 短尺動画ながらも、この映画を見てほしいという愛を感じます。TwitterやInstagram、TiktokといったSNSへの流用で、この映画を見た見ていない関係なく、動画の持っている出オチ感で、バズりも期待できそうな動画かと思います。

次はこちらです。

YouTube player

こちら、福島県にある59の市町村を紹介する6秒動画の詰め合わせです。可愛らしい絵と、印象的なBGMで一つ一つを紹介しているのですが、その一つ一つを総集編にして使うとさらに魅力が溢れてくるという一時的にも、二時的にも効果的に活用している動画です。なんと総集編の動画の再生回数も500万回を超えているという素晴らしい結果になっています。

最後に少し脱線するかもしれませんが、こちらをご紹介しておきます。

YouTube player

はい、私の大好きなNIKEのCMです。こちら全編がバンパー広告の6秒で収まっている動画ではない(そのほかには例えば、6秒ではなく15秒が全編で、そのうちの6秒をバンパー広告として使用しているものもあります)のですが、6秒が心を掴むという意味でも「スキップさせない」効果を抜群に出していると思います。クオリティの高い映像と映画のようなセリフナレーション、一体これから何を見ることができるのだろうという期待感に胸が膨らみます。

6秒動画でメッセージを伝えるには

6秒動画では伝えたいことをシンプルに、一つに絞られるので、自ずと視聴者に対してメッセージを打ち出せます。そして6秒で動画を作るというお題のもと、さまざまな表現方法が生まれ、日々アップグレードされていくことでしょう。そして何よりも6秒動画を子どもの頃から慣れ親しんだ世代が、世代特有のイマジネーションやクリエイティビティを発揮していくことは確かなので、これからも面白い動画が増えていくことになります。

また、面白い動画はふとした時に、また見たくなり、そしてそれをSNSで共有し、拡散し、繰り返し見られることになります。

6秒動画はメッセージを一つに絞ることで、記憶に残りやすく、さらに共有拡散されやすいので、効果的にメッセージを伝える広告としての機能を存分に発揮することができるのです。

Youtubeの6秒動画広告「バンパー広告」とは?

先ほどもご紹介しましたが、6秒動画広告といえばYoutubeのスキップできない部分の動画です。デバイスを選ばずに、視聴ユーザーを獲得することができます。制作する際に押さえておきたい特徴は以下です。

・視聴ユーザーの注視率アップ

・印象に残りやすく、共有と拡散によるブランディング効果アップ

・リーチの最大化(インプレッション単価によって広告費が決まる)

・モバイルに最適化する

・TrueViewディスカバリー広告との併用

・Google Preferredキャンペーンとの併用

また実際に制作するにあたって押さえておきたいポイントは以下の7箇条です。

・目的を明確に。

・メッセージを一つに。

・ユーザーを共感させる。

・6秒内での時間配分はきっちり。

・シリーズ化

・6秒でも起承転結は重要、特にオチ。

・既存フォーマットの応用(どう短くするか、絶妙な編集を。)

これから6秒動画を作りたい方へ

たった6秒という時間ですが、一定数の視聴ユーザーの記憶に残り、かつ共有拡散され、効果的な広告とするためには、やはり戦略と準備、そして丁寧な制作としっかりとしたフォローアップが必要です。それでも6秒という時間に思いを乗せて届けるために、ぜひ楽しみながら、普段考えもしなかったアイデアを出し合って、制作してみてください。これからますます主流になっていく6秒動画広告をぜひ活用してください。

弊社では企画・制作、そして制作後広告効果を最大限に高めるプロデュースをワンストップで行っています。映像を作りたいけれど、どう作ったら良いかわからないから助けてほしい、広告の出し方がわからないから手伝ってほしい等ありましたら、お気軽に弊社までご連絡ください。

Column LIST  →