楽天市場のページ構成から売れるページのヒントを探る | 株式会社ベートーベン

楽天市場のページ構成から売れるページのヒントを探る

「よく売れるサイトから、売れる商品ページの構成を学ぼう」

と、楽天市場の商品ページの構成をいくつか、調べてみました。

せっかくなら、最近自分が気になる商品を。
まずは、電動歯ブラシのページです。

■電動歯ブラシの商品ページ

実際のページ

商品ページって、やたら長いですよね。
このページも例にならって、激しい長さでした。

ページの構成を整理してみると、まずは、これ。

いわゆる

「この商品こんなにすごいんです!」

ゾーンです。
客観的に見ての凄さをまずは紹介。

その後の構成はこんな感じです。

1.商品カート
2.お得情報(クーポン等)
3.商品紹介
 特徴①,②
 レビュー
4.お得情報
5.商品カート
6.売りポイント①−③
7.商品の特徴①-⑦
8.お得情報
9.商品カート
10.その他製品

気づくのが、

購入ボタンを押すカートとセットで必ずお得情報が載せられている

ということ。

言われてみれば納得ですが「購入意欲を掻き立てるには、このセットはマストなんだな」というのがわかります。

もうひとつ、サイトを見てみました。
今度は、シャワーヘッド。

■シャワーヘッドの商品ページ

実際のページ

これもやっぱり、「この商品こんなにすごいんです!」ゾーンから始まります。
そして、お得情報。

1.レビュー
2.ようやく商品バナー
3.問題提起(お客様のお困りごと投げかけ)
4.解決策としての商品とその解決方法(商品の特徴説明)
 ポイント7つ
5.導入に関する簡単・便利→利便性訴求
6.パッケージ内容
7.注意事項
8.安心のサポート
9.よくあるご質問→疑問解消
10.カート
11.お得情報(クーポンなど)
12.その他商品

これもやはり購入ボタンとお得情報はセットでした。

商品ページを作るときは、売れているサイトのチェックをして、ページの構成やレイアウトを検証すべきだな、と思った本日の楽天市場検証でした。

売れるページ 構成のポイント

カートとお得情報はセット掲載がマスト!

Column LIST  →